消費者金融というと、昔はサラ金といってあまり良いイメージはありませんでした。しかし、最近では大手銀行の系列に入る業者も多く、「だから安心」というイメージが広がっています。しかし、実際は銀行系列の消費者金融であっても、その銀行自体とは完全に別の企業であることを理解しておきましょう。

銀行とは完全に別の組織

「○○銀行の系列だから」という理由で消費者金融業者を選ぶ人のなかには、その銀行のサービスの一環として消費者金融があると誤解している場合があります。

確かに誤解しやすい表現ではありますが、企業の実態としては別物ですので、銀行から借入できるということではありません。トヨタや日産など有名自動車メーカーのロゴを看板にする中古車業者と同じようなもので、何らかの関連性はあるとしても組織は同一ではないのです。

では、なぜ銀行系列をあえて謳うのかというと、それだけユーザーに安心感を与えるためでしょう。それだけの理由であって、「銀行からお金を借りるのと同じだから安心」とは誤解しないでください。

銀行カードローンより利用しやすい

銀行にもカードローンはありますが、消費者金融と比べて利用するハードルが高いです。金利だけを見ると銀行で借りた方がお得に見えますが、誰でも利用できるわけではないことに注意してください。

金利を安くできるということは、それだけ利用者に高い返済能力と社会的信用が求められるのです。そのため、正社員で長年勤続していない人では、銀行カードローンに申し込んでも審査で落ちる可能性があります。金利は高くなりますが、消費者金融の方が間口が広いということを覚えておいてください。

このページの先頭へ