消費者金融の利用では総量規制に注意!

消費者金融でお金を借りるときは、総量規制について知っておきましょう。総量規制とは貸金業法という法律で決められている制度で、貸金業者が個人にお金を貸す場合、その人の年収の3分の1以上の金額を貸してはならないという決まりごとです。

一部の例外はありますが、消費者金融からの借り入れは、年収の3分の1以上は借りられないことを覚えておきましょう。たとえば、アコムやSMBCモビットでは融資限度額を800万円、プロミスやアイフルでは融資限度額を500万円としています。

これだけを見ると、800万円や500万円までお金を借りられるのかと錯覚してしまいそうですが、現実はそう甘くはありません。総量規制で年収の3分の1までしか貸せませんから、例えば年収300万円の場合、借りられるお金は100万円までです。いくら消費者金融の限度額が800万円や500万円であっても、年収が300万円の場合は100万円以上を借りることはできません。

複数の業者から借り入れをするときも同様で、すべての業者からの合計借入額は、年収の3分の1までです。年収が300万円の人が、A社という消費者金融から50万円借り入れていた場合、他の業者から借り入れられる金額は50万円までとなります。また、A社から100万円借り入れしている場合は、B社に借り入れを申し込んでも総量規制の枠いっぱいを使っているため、審査には通らないのです。

このページの先頭へ