初めて消費者金融を利用する方が気になるのが、いくら貸してもらえるかということでしょう。広告を見ると上限額が書いてあり、その金額までなら自由に借りられそうな印象を受けます。

しかし、実際は審査の内容で大きく変わるのです。そこで、消費者金融で借りられる上限額と、それを決定する審査内容について見てみましょう。

総量規制で上限が決まっている

利用者の返済能力や社会的信用が高いほど限度額は大きくなりますが、まず基準となるのが総量規制という法律です。これは貸金業者に課せられた法律で、利用者の年収の3分の1以上の貸付を行ってはならないと決まっています。

つまり、年収300万円の人なら、どんなに借りたとしても100万円が上限ということです。もちろん詳しくは審査で決定されるのでそれほど単純に決まることはなく、100万円という金額は理論的な上限値と思ってください。

収入だけでは上限額は決まらない

消費者金融の審査項目は業者によってもさまざまですが、基本はその人の収入と就業状態が大きな要因を占めます。高収入の公務員の方がフリーターより限度額が高いのは当然です。ただ、消費者金融は確実に返済できる能力がある人なら、年収は少なくてもわりと貸してくれる傾向があります。

一時的に収入が高いだけの人より、月収10万円のアルバイトでも持ち家のある人の方が借り逃げのリスクが少ないので貸したいと思うものです。そのため、収入と仕事だけでなく、雇用形態、住居や同居人、過去の金融情報なども審査対象になります。

このページの先頭へ