消費者金融を利用できる人は?

消費者金融で借り入れを申し込むときに、少しでも早く手続きを完了させたいなら、事前に申し込み条件を確認し、必要な書類などを用意しておくことが大切です。

申込み条件は業者によって異なりますが、一般的には年齢が20~69歳で、継続的に安定した収入が見込める人です。安定した収入があれば、パートやアルバイトなどの非正規社員でも、学生でも、主婦でも申し込むことができます。

カードローン申し込みで必要なもの

消費者金融のカードローンの場合、まず、本人確認ができる書類が必要です。本人確認ができる書類とは運転免許証のほか、パスポートや健康保険証などが該当します。また外国籍の方の場合は、在留カードか特別永住者証明書も提示する必要があります。

本人確認の書類に記載されている住所と、現在住んでいる場所の住所が異なる場合には注意が必要です。このような場合は現住所を証明するために、公共料金の領収書、税金の領収書または納税証明書、住民票の写し、社会保険料の領収書など、現住所がわかる書類を提示する必要があるからです。

一定金額以上の借り入れでは収入証明書も必要

借入限度額が業者が決めた一定金額以上の場合、返済能力があることを示すために収入証明書も必要となります。収入を証明するために、(1)最新の源泉徴収票、(2)最新の確定申告書、(3)給与明細書などのうち、いずれかを用意しなければいけません。

お金は急に必要になることが多いものです。借り入れ手続きを一刻も早く済ませて、少しでも早くお金を調達する必要があるケースも少なくありません。いざというときに間に合わせるためにも、事前に必要な書類について確認しておくことが大切です。

このページの先頭へ